• 入学希望の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 大学紹介
  • 学科紹介
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職・進学情報
  • 地域交流・研究活動
投稿日:2018.02.08
「特別研究発表会」を行いました。

1月19日(金)、国際文化交流学科2年生による「特別研究発表会」を開催しました。「特別研究」は、本学科の学修領域に即した研究テーマを各自が設定し、教員の指導を受けながら個人やグループで研究を進め、論文形式でその成果をまとめるとともに、口頭発表を行うものです。

学生が取組んだテーマは、本学科の専門教育科目の3つの柱「言語」「文化」「交流」に関連するもので、多岐に渡ります。2年生は緊張しながらも、みな堂々と発表を行いました。

本学科1年生は、来年度自分たちの取組への参考とするため発表を聞き、発表後は、1年生と2年生が意見交換を行いました。

 

1年生からは

  • 2年生はすばらしい発表でした。自分も来年このようにできるか、少し不安です。
  • 緊張したと思いますが、みなさん立派でした。

などの声が聞かれました。

 

今年度の学生が取り組んだ研究のテーマをいくつか紹介します。

  • 倉吉絣の文様
  • 岡野貞一 ~その音楽作品と鳥取県~
  • 雲伯方言の特徴
  • 平安貴族の服装事情
  • 聴覚障害者への理解と手話について
  • 日韓両国のよりよい関係のために
  • 日本と中国の非言語コミュニケーションの評価
  • アフリカ系アメリカ人と音楽
  • 妖精画家シシリー・M・バーカーとイギリス文化
  • フィンランドの教育と豊かさとの関係
  • How to Use Japanese Onomatopoeia Effectively

 

 

△1年間の研究成果を発表します。

△多くの人前でも堂々と発表しました。

△学科長による講評