トップページ > 受験生応援サイト > お知らせ > 令和5(2023)年度 鳥取短期大学入学者選抜 「総合型選抜」選抜区分の追加について

令和5(2023)年度 鳥取短期大学入学者選抜 「総合型選抜」選抜区分の追加について

令和5(2023)年度 鳥取短期大学入学者選抜 「総合型選抜」選抜区分の追加について
    「令和5(2023)年度 鳥取短期大学入学者選抜」において、外国にルーツを持つ人を対象として行う選抜「総合型選抜(多文化型)」を下記のとおり追加します。

    選抜の目的

    外国にルーツを持つ人に対する高等教育機関での学習機会の提供およびキャリア形成・就学支援、本学における多文化共生の実現、多様性を尊重した学びの環境の創出を目的としています。

    選抜方法と求める能力の関連について

    選抜方法 学力の3要素 評価および活用方法
    知識
    技能
    思考力
    判断力
    表現力
    主体性
    多様性
    協働性
    エントリー
    シート
    本学への入学意欲、入学後の学びなどについて確認し、面談に活用する。
    調査書 高校での学習成績・課外活動の状況等から知識・技能、主体性等を評価する。
    面談
    (口頭試問を
    含む)
    エントリーシートの内容に基づき、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性を評価する。

    期待する成果・効果および実施する合理的理由

    当該選抜の対象となる国際文化交流学科は、「豊かなコミュニケ―ション力を備え、国際化が進展する地域社会に貢献できる人材を育成すること」を教育目的に掲げています。外国にルーツを持つ学生の受け入れは、「地域に貢献する人材の育成」を建学の精神とする本学の使命であるとともに、グローバル化・多様化する現代日本社会において、異なる文化背景を持つ人びとと地域社会を形成していく力の育成につながると期待しています。
    日本語の習熟度の点から、既存の入学者選抜試験で不利となる場合がある人を対象としており、本学および国際文化交流学科のアドミッション・ポリシーに基づく選抜方法・基準により合否を判定できるよう、合理的配慮として新たな選抜区分を設定しました。
    なお、合格した場合には、入学金が免除となる他、日本語能力試験N2以上取得者は、授業料減免制度をうけることができます。日本語学習に関する支援も行います。
    詳細は、「令和5(2023)年度 鳥取短期大学 入学者選抜・学生募集要項」をご確認ください。
    お問い合わせ先

    鳥取看護大学・鳥取短期大学 
    入試広報課

    所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
    TEL:0858-26-9171(直通)
    FAX:0858-26-9123
    E-mail:nyushi2@cygnus.ac.jp
    ※ 月~金(8:45~17:30)、土日祝日・年末年始は休業。


    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ