○鳥取短期大学科目等履修生及び聴講生細則

(目的)

第1条 この細則は、鳥取短期大学学則第48条第66条及び第67条に基づき、科目等履修生及び聴講生について必要な事項を定める。

(受付期間)

第2条 科目等履修生及び聴講生の受講の願書の受付期間は学期ごとにこれを定める。

(提出書類)

第3条 科目等履修生又は聴講生を志願するものは、受講願に添えて次の書類を提出し、別に定める検定料を納入しなければならない。

履歴書、卒業(修了)証明書、所属長の許可書(現職者のみ)

但し、既に、科目等履修生又は聴講生として受講していたものが、次学期以降に受講を願いでるときは、書類の提出を求めないことがある。

2 1項の定めに拘わらず、本学専攻科生及び鳥取看護大学の学生(科目等履修生含む)については、履歴書等の書類提出及び検定料の納入を免除する。

3 1項の定めに拘わらず、本学卒業生については、次のとおりとする。

(1) 卒業後、引き続き科目等履修生を志願する場合は、履歴書の提出、卒業証明書の提出、検定料の納入を免除する。

(2) 卒業後6ヶ月以上経過後、科目等履修生を志願する場合は、卒業証明書の提出を免除する。

(受講科目の制限)

第4条 科目等履修生及び聴講生の実験、実習科目の受講は原則として認めない。

2 本学卒業生については、前項は適用しない。

(審査)

第5条 科目等履修生又は聴講生を志願するものに対しては、原則として書類審査を行うものとする。但し、必要と認めるときは面接による審査を行うことがある。

2 審査は教務委員会が行う。教務委員長は当該学科及び当該科目担当教員の意見をきかなければならない。

3 審査結果は教授会の議を経て、学長が決定する。

(受講手続)

第6条 科目等履修生に合格したものは、所定の期日までに受講手続きを行い、別に定める登録料及び受講料を納付しなければならない。

2 聴講生に合格したものは、所定の期日までに受講手続きを行い、別に定める受講料を納付しなければならない。

(単位認定)

第7条 科目等履修生の単位認定については、鳥取短期大学単位の授与及び試験に関する規程の定めるところによる。

2 科目等履修生の単位は、本学の正規の課程に含まれる単位として転換することはできない。

3 聴講生に対する単位の認定は行わない。

(改廃)

第8条 この細則の改廃は、規定管理規程の定めによる。

附 則

この細則は、平成7年4月1日から施行する。

この細則の施行にともない聴講生規程(昭和47年4月1日施行)は廃止する。

この細則の改正は、平成14年4月1日から施行する。

この細則の改正は、平成22年4月1日から施行する。

この細則の改正は、平成27年4月1日から施行する。

この細則の改正は、令和3年4月1日から施行する。

鳥取短期大学科目等履修生及び聴講生細則

平成7年4月1日 種別なし

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第2編 学則及び教学部門の運営に関する規程/3 鳥取短期大学関係規程
沿革情報
平成7年4月1日 種別なし
平成27年4月1日 種別なし
令和3年4月1日 種別なし