○鳥取看護大学特任教授規程

(趣旨)

第1条 この規程は、鳥取看護大学(以下「大学」という。)における教育及び研究の充実を図るため、期間を定めて雇用する特任教授の制度を導入し、その取扱いに関して必要な事項を定める。

(職務内容)

第2条 特任教授は、大学の学長の指揮監督を受けて、次に掲げる業務を行う。

(1) 専門の領域における教育および研究に関すること。

(2) その他、学長が必要と認める事項に関すること。

(身分)

第3条 特任教授は、任期を付した常勤教員とする。

(選考方法)

第4条 特任教授の選考は、鳥取看護大学教員選考基準を準用し、教授会の議を経て学長が決定する。

(雇用期間)

第5条 特任教授の雇用期間は、年度ごとに更新するものとする。

(勤務形態)

第6条 特任教授の勤務形態は、裁量労働制とする。勤務する日および勤務時間は学長が別に定める。

(服務)

第7条 特任教授は、職務の遂行にあたっては、法令を遵守し、大学の就業規則第3条第1項の規定に従い、業務に精励し、職場秩序を保持し、互いに協力してその職務に専念し、大学の教育目的を達成するよう努力しなければならない。

2 特任教授は、大学の就業規則第4条の遵守事項を守らなくてはならない。

(給与)

第8条 特任教授の給与は月額定額制とし、理事長が決定する。なお、退職手当その他の給与は支給しない。

(所属)

第9条 学長は、必要に応じて、特任教授を学内のいずれかの組織に所属させるものとする。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、特任教授の取扱いに関し必要な事項は、別に定める。

(改廃)

第11条 この規程の改廃は、規定管理規程の定めによる。

附 則

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

鳥取看護大学特任教授規程

平成27年4月1日 種別なし

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第6編 人事に関する規程/1 鳥取看護大学関係規程
沿革情報
平成27年4月1日 種別なし