○鳥取看護大学・鳥取短期大学研究室図書取扱基準

(趣旨)

第1条 この基準は、鳥取看護大学・鳥取短期大学研究室図書(雑誌、視聴覚資料を含む。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(研究室図書の定義)

第2条 この要領において「研究室図書」とは、教員が研究室に備え付ける図書のうち公費で購入するものをいう。

2 公費とは、教育研究経費、科学研究費、受託研究費、寄付金等をいう。

(研究室図書の管理)

第3条 研究室を管理する教員は、研究室図書を整理して適切に管理しなければならない。

(研究室図書の登録)

第4条 研究室図書は、図書館において登録しなければならない。ただし、鳥取看護大学・鳥取短期大学における研究室図書資料の取扱区分(別表)によるものとする。

(管理状況報告)

第5条 教員は、図書館長が定める方法により、1年に1回、研究室図書を点検・把握し、図書館長に報告するものとする。

(研究室図書の返納)

第6条 教員は、次の各号のいずれかに該当する場合は、直ちに研究室図書を返却しなければならない。

(1) 転出若しくは退職するとき。

(2) 教員が当該図書を利用しなくなったとき。

(3) 図書館長が返却を求めたとき。

(研究室図書の弁償)

第7条 教員は、研究室図書(消耗扱いとするものを除く)を紛失したときは、鳥取看護大学・鳥取短期大学付属図書館資料弁償取扱基準に従い、弁償しなければならない。

(研究室図書の除籍)

第8条 除籍が決定した図書・資料の処理については、図書館除籍細則の定めるところによる。

附 則

この基準は、平成29年4月1日から施行する。

別表

鳥取看護大学・鳥取短期大学における研究室図書資料の取扱区分

※鳥取看護大学・鳥取短期大学付属図書館資料収集・管理規程第4条に基づき定めたもの。

区分

使用予定期間

対象資料

備考

備品(資産)扱いとするもの

【図書費による支出】

1年以上使用する図書資料

①単行書


②文庫


③新書

ブックレット含む

④加除式資料の本体


⑤古地図、貴重書など


⑥マイクロ資料


⑦製本雑誌

バラバラの雑誌を合冊してまとめたもの

消耗扱いとするもの

【消耗品費による支出】

1年未満の図書資料

①電子資料(CD、CD―ROM、DVDなど)


②加除式資料の追録、差し替え

本体に追加された資料

③一時的な価値しか持たないもの

試験問題集、白書、年鑑、コンピュータのマニュアル類、名簿類、電話帳、時刻表など

④雑誌、学術論文、レポートなど

雑誌の増刊号も含む(○○年版と記載のあるもの)

⑤極めて利用頻度が高く、消耗しやすいと判断されるもの

学外授業・実習等で屋外に持ち出して使用するもの、楽譜、リーフレット、パンフレット類

⑥その他図書館長が定めた資料


※当初より、著しい書き込みや切抜き等を目的とするものについては「私費扱い」とする。

鳥取看護大学・鳥取短期大学研究室図書取扱基準

平成29年4月1日 種別なし

(平成29年4月1日施行)