○鳥取看護大学・鳥取短期大学グローカルセンター規程

(設置)

第1条 鳥取看護大学学則第61条および鳥取短期大学学則72条に基づき、鳥取看護大学・鳥取短期大学グローカルセンター(以下「センター」という。)を置き、この規定を定める。

(目的)

第2条 センターは鳥取看護大学(以下「大学」という。)および鳥取短期大学(以下「短大」という。)の海外研究、地域連携・貢献の拠点として、海外また地域との交流を推進する。加えて大学および短大の教育・研究資源を活用して、地域社会の文化、教育、福祉・健康、産業等を支援し、もって学術研究、地域社会また大学および短大の発展に寄与することを目的とする。

(事業部門)

第3条 センターは、前条の目的を達成するために次の事業部門を置く。

(1) 海外研究・交流部門

(2) 地域研究・教育・交流部門

(3) 自治体、産業・企業および教育機関等連携部門

(4) 「まちの保健室」研究・教育部門

2 各事業部門の事業については、別に定める。

(職員)

第4条 センターに次の職員を置く。

(1) センター長

(2) 研究員

(3) コーディネーター

(4) 事務職員

(センター長)

第5条 センター長はセンターを代表し、センターを統括するとともに、第3条にかかげる事業部門の事業の遂行を統理する。

2 センター長は大学または短大の教授の中から学長の意見を聞き、理事長が任命する。

3 センター長の任期は2年とし、重任を妨げない。ただし、重任の場合の任期は1年とする。

(研究員)

第6条 研究員は、センター長の統括の下に、センターの目的を達成するための活動に従事する。

2 研究員は次の通り区分し、配属する。

(1) 専任研究員

(2) 兼担研究員

(3) 客員研究員

(4) 研究協力者

3 前項の研究員に関する規定は別に定める。

(コーディネーター)

第7条 コーディネーターは、センター長の統括の下、「まちの保健室」研究・教育部門において、主に大学と地域の調整、交流の職務を遂行する。

(事務職員)

第8条 事務職員は、センター長の命を受けてセンターの事務を処理する。

(運営委員会)

第9条 センターの適正な運営を図るため、センター運営委員会を置く。

2 センター運営委員会については、別に定める。

(改廃)

第10条 この規程の改廃は、規定管理規定の定めによる。

附 則

この規程は、平成19年4月1日より施行する。

この規程は、平成27年4月1日より施行する。

この規程は、平成29年4月1日より施行する。

鳥取看護大学・鳥取短期大学グローカルセンター規程

平成19年4月1日 種別なし

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第12編 グローカルセンターに関する規程/1 共通規程
沿革情報
平成19年4月1日 種別なし
平成29年4月1日 種別なし