トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2018年度 > 鳥取短期大学 幼児教育保育学科 > 准教授 南潮

准教授 南潮

学科・専攻 鳥取短期大学 幼児教育保育学科
職 名 准教授
氏 名 南 潮
(みなみ うしお)
生 年 非公開
最終学歴 兵庫県立大学大学院環境人間学研究科博士後期課程
学 位 博士(環境人間学)
主な担当授業科目 発達心理学、教育心理学、幼児理解と教育相談、保育実習指導Ⅱ
専門分野 発達心理学、臨床心理学、公衆衛生学
現在の研究テーマ
  1. 発達心理学がつなぐ世代間交流と地域活動
  2. 地域における居場所づくり・絆づくりとソーシャルキャピタル
  3. 持続可能な多世代共創社会
主な職歴 東京工学院専門学校幼児教育学科非常勤講師、東京都健康長寿医療センター研究所にて研究者として従事した後、2016年本学助教に就任、2017年より准教授、現在に至る。臨床心理士。
主な研究業績 著書
  1. 就労支援で高齢者の社会的孤立を防ぐ:社会参加の促進とQOLの向上
    ミネルヴァ書房 京都 2016(共編著)

論文
  1. 多世代の互助・共助による社会システムは構築できるか 持続可能な社会の処方箋
    "Positive Spiral of Care" を目指して
    日本世代間交流学会誌 6(1) pp.3-8 2017(共著)
  2. Older Adults Looking for a Job through Employment Support System in Tokyo.
    PLOSONE 11(7) e0159713 2016(共著)
  3. Engagement in paid work as a protective predictor of basic activities of daily living
    disability in Japanese urban and rural community-dwelling elderly residents: An 8-year prospective study.
    Geriatrics & gerontology international 16(1) pp.126-134 2016(共著)
  4. One-Year Change in the Japanese Version of the Montreal Cognitive Assessment Performance and Related Predictors in Community-Dwelling Older Adults.
    Journal of the American Geriatrics Society 63(9) pp.1874-1879 2015(共著)
  5. 幼児教育保育学科の学生における「幼児理解と教育相談」への自己効力感の形成について
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第76号 pp.19-30 2018(単著)

その他
  1. 鳥取県における在宅育児世帯への支援制度について
    -「とっとり型の保育のあり方研究会」における検討から-
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第75号 pp.45-54 2017(単著)
所属学会 日本心理臨床学会
日本精神分析学会・日本発達心理学会
日本保育学会・日本世代間交流学会
日本公衆衛生学会・日本疫学会
日本老年社会科学会
主な社会活動 鳥取県子育て王国とっとり会議・自然保育認証審議部会 専門委員・部会長
東京都健康長寿医療センター研究所 協力研究員

Facebook twitter



ページトップ