トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2019年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 教授 古都昌子

教授 古都昌子

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
鳥取看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻
職 名 教授
氏 名 古都 昌子
(ふるいち まさこ)
生 年 非公開
最終学歴 東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程
学 位 博士(看護学)
主な担当授業科目 基盤看護技術A・B・C・D、看護倫理学、看護教育学、看護学統合研究
専門分野 基礎看護学、看護職生涯発達学、看護管理学
現在の研究テーマ
  1. 看護学実習環境を標準化するための基準作成と検証
  2. 看護職生涯発達学の視座からとらえた学生・看護師に関する研究
  3. 看護コンソーシアム構築に向けてー中堅看護師と学生がともに学ぶ効果
主な職歴 国立病院機構本部医療部看護大学・大学院開設準備室教育専門職として2年間カリキュラム作成・開設準備に従事。東京医療保健大学東が丘看護学部・大学院看護学研究科准教授として3年間勤務、国立病院機構岡山医療センター附属岡山看護助産学校教育主事を経て、札幌市立大学看護学部・大学院看護学研究科に准教授として5年間勤務し、2019年度本学教授に就任。現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. 看護師・看護学生のためのなぜ?どうして?看護の統合と実践 第5版、第6版、第7版、第8版
    MEDICMEDIA 2013・2015・2017・2019(共著)
  2. 看護師・看護学生のためのレビューブック 第16版、第17版、第18版、第19版、第21版
    MEDICMEDIA 2014・2015・2016・2017・2019(共著)

論文
  1. それぞれのリアリティから考える 状況についての感覚的なとらえ
    看護教育 VOL60 No.4 pp.268-275 2019(単著)
  2. 教員という立場から自ら学んだ「読む,書く,話す」を見直す
    看護教育 VOL58 No.8 pp.600-605 2017(単著)
  3. 臨床実習における物理的環境と教員の認識
    -実習物品および学生の居場所に焦点を当てて
    札幌市立大学研究論文集 第10巻第1号 pp.77-83 2016(共著)
  4. 看護学の学士課程終了時の学生が語る「看護職としての『私』
    東京女子医科大学大学院看護学研究科博士論文 2015(単著)
  5. 実習施設と教育施設との連携に向けての具体的方策
    札幌市立大学研究論文集 第9巻1号 pp.25-30 2015(共著)
所属学会 日本看護科学学会
日本看護学教育学会
日本看護管理学会
日本看護技術学会
日本看護倫理学会
日本医療マネジメント学会
東京女子医科大学看護学会
日本医学看護学教育学会
日本看護医療学会
北海道公衆衛生学会
主な社会活動 日本看護学教育学会教育活動委員
日本看護倫理学会査読委員
鳥取県看護協会実習指導者講習会講師(看護過程・実習指導の評価)
札幌市立大学大学院看護学研究科非常勤講師(看護倫理学特論、継続教育特論)
北海道専任教員養成講習会講師(看護教育の授業設計・教育方法)
岡山県看護協会教育研修講師(臨床の知~ナラティブにより看護実践を振り返る)

Facebook twitter



ページトップ