トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2019年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 教授 内海知子

教授 内海知子

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
鳥取看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻
職 名 教授
氏 名 内海 知子
(うつみ ともこ)
生 年 非公開
最終学歴 岡山大学大学院保健学研究科博士後期課程
学 位 保健学博士
主な担当授業科目 成人看護学概論、成人看護学援助論A、成人看護学援助論B、成人看護学実習
専門分野 がん看護、看護教育、看護職のキャリア形成
現在の研究テーマ
  1. がんサバイバーシップ
  2. 長期に化学療法を継続している患者の意思決定支援
  3. 経口抗がん薬治療を受けている患者の服薬アドヒアランス
主な職歴 香川県立保健医療大学保健医療学部看護学科の講師、准教授、教授を経て、2019年本学教授に就任。現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. 機能障害からみる看護過程2 消化・吸収・代謝/排泄(腎・膀胱)/調節機能障害
    更年期障害による不安定状態にある患者の看護
    中央法規 東京 2018(共著)

論文
  1. 疾患と看護がわかる看護過程 ナーシングプロセス腸閉塞患者の看護
    クリニカルスタディ 34(8) メヂカルフレンド社 pp.49-63 2013(単著)
  2. 香川県内の病院に就職した看護師の進路志向
    -400床以上の病院に勤務する就職後5年以内の看護師を対象とした調査-
    香川県立保健医療大学雑誌 8 pp.79-86 2017(共著)
  3. リスク感性に必要なコンピテンシー要素の明確化
    香川県立保健医療大学雑誌 5 pp.15-22 2014(共著)
  4. ステージⅠで手術を受けた胃がん体験者が病気を受けとめるプロセス
    日本がん看護学会誌 25(2) pp.6-13 2011(共著)
  5. 胃がんにより胃切除術を受けた患者の栄養・身体指標と主観的健康感の変化
    -手術前・退院時・初回外来・3か月後外来における縦断的調査-
    香川県立保健医療大学雑誌 2 pp.31-38 2011(共著)
  6. 医療・福祉職として働く男性のキャリア形成に関する検討
    香川県立保健医療大学雑誌 1 pp.9-19 2010(共著)
所属学会 日本看護科学学会
日本がん看護学会
日本看護研究学会
主な社会活動

Facebook twitter



ページトップ