トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2019年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 教授 小村三千代

教授 小村三千代

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
鳥取看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻(地域子育て支援看護コース)
職 名 教授
氏 名 小村 三千代
(こむら みちよ)
生 年 非公開
最終学歴 日本赤十字看護大学大学院看護学研究科博士課程小児看護学専攻修了
学 位 博士(看護学)
主な担当授業科目 小児看護学概論、小児看護学援助論、小児看護学実習、看護学統合研究
専門分野 小児看護学
現在の研究テーマ
  1. 難治性疾患を抱えている子どもと家族の看護
  2. 小児看護学実習の教育方法に関する研究
  3. 小児看護学の教材開発に関する研究
主な職歴 国立小児病院(現 国立研究開発法人国立成育医療研究センター )に15年間看護師として勤務後、国立看護大学校看護学部看護学科小児看護学准教授、佐久大学看護学部看護学科小児看護学教授、東京医療保健大学東が丘・立川看護学部看護学科および東京医療保健大学大学院小児看護学教授を経て、2016年本学教授に就任、現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. パーフェクト臨床実習ガイド 小児看護 第二版
    照林社 2017 (共著)
  2. 小児をめぐる看護現象入門
    ライフサポート社 2009(単著)

論文
  1. ピアラーニングを活用した”ペア受持ち制”小児看護学実習における学生の体験
    日本小児看護学会誌 27 pp.73-82 2018(共著)
  2. 筋ジストロフィー患者が平穏な死を迎えるための看取りのあり方
    日本筋ジストロフィー看護研究会第4回学術集会講演集 p.39 2016(共著)
  3. 実習施設と教育施設の連携に向けた具体的方策
    札幌市立大学研究論文集 9(1) pp.12-19 2015(共著)
  4. 沈黙の底に潜む看護師と患者の相互作用
    ー筋ジストロフィー病棟におけるエスノグラフィー
    日本看護科学学会誌 31(3) pp.3-11 2011(単著)
  5. 筋ジストロフィー病棟における看護師と患者の相互作用
    日本赤十字看護大学看護学研究科博士論文 全80頁 2008(単著)
所属学会 日本小児看護学会
日本看護科学学会
日本難病看護学会
日本看護研究学会
日本看護学教育学会
日本家族看護学会
日本看護管理学会
日本NP学会
国際ケアリング学会など
主な社会活動 東京医療保健大学大学院非常勤講師
独立行政法人国立病院機構 杤木医療センター看護研究指導
国際ケアリング学会評議員
日本看護研究学会中国・四国地方会運営委員
公立学校医療的ケア体制整備検討分科会委員

Facebook twitter



ページトップ