トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2019年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 特任教授 矢倉紀子

特任教授 矢倉紀子

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
鳥取看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻(地域イノベーション看護コース)
職 名 特任教授
氏 名 矢倉 紀子
(やくら のりこ)
生 年 非公開
最終学歴 鳥取大学大学院医学系研究科生命科学系
学 位 博士(医学)
主な担当授業科目 地域基礎看護学、公衆衛生看護学概論、フィールド体験実習、看護学統合研究
専門分野 公衆衛生看護
現在の研究テーマ
  1. 保健行動に関連する要因
  2. 保健師の現任教育
  3. ソーシャルキャピタルと高齢者の幸福感に関すること
主な職歴 鳥取県岸本町(現伯耆町)に10年間保健師として勤務し、鳥取大学医療技術短期大学部に18年間、引き続き鳥取大学医学部保健学科に11年間勤め、2015年本学教授に就任。2019年より特任教授となり、現在に至る。
主な研究業績 論文
  1. 看護学実習における地域コーディネータ―の導入に関する研究(第2報)
    日本医学看護学教育学会誌 p.47 2019(共著)
  2. 「地域診断」研修が「地域診断」実践につながる要因の検討
    日本医学看護学教育学学会誌 p.57 2018(共著)
  3. 塩分摂取とその関連因子に関する研究(第三報)
    ~減塩のための効果的な支援方法の検討~
    米子医学雑誌 60(4) pp.125-135 2009(共著)
  4. 難病患者の疾病受容に関する検討
    ~自己免疫疾患患者を主としたグループインタビュー法を用いて~
    日本難病看護学会誌 7(3) pp.8-14 2003(共著)
  5. 乳幼児の食体験と保健指導効果に関する縦断的研究
    小児保健研究 60(1) pp.75-81 2001(共著)
  6. Molecular Epidemology Tuberous Sclerosis Gann Monograph Cancer Reserch 46 pp.53-59 1999(共著)
  7. Nursing Behavior on Obesity YonagoActa Medica 40(3) pp.137-145 1997(共著)
所属学会 日本公衆衛生学会
日本地域看護学会
日本看護科学学会
日本災害看護学会
日本医学看護学教育学会
主な社会活動 鳥取県試験研究・普及指導活動等外部評価委員会委員
倉吉市建築審査会委員
東部圏域地域保健技術研修会講師
鳥取市民健康づくり地区推進員大会における記念講演
鳥取看護大学・鳥取短期大学公開講座(鳥取県民カレッジ連携講座)講師

Facebook twitter



ページトップ