トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2019年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 助教 藤井麻帆

助教 藤井麻帆

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
職 名 助教
氏 名 藤井 麻帆
(ふじい まほ)
生 年 非公開
最終学歴 鳥取大学地域学研究科
学 位 修士(地域学)
主な担当授業科目 在宅看護学概論、在宅看護学援助論、在宅看護学実習、看護学統合研究
専門分野 在宅看護学、地域包括ケア、災害看護
現在の研究テーマ
  1. 地域包括ケアと在宅看取りに関する研究
  2. 在宅看護学の教育方法に関する研究
  3. 看護職による地域支援活動(まちの保健室等)に関する研究
主な職歴 急性期の総合病院等において約7年間の臨床経験と京都橘大学看護学部地域看護学領域の助手経験を経て、2015年本学助手に就任。2018年より、地域包括支援看護学領域の助教となり、現在に至る。
主な研究業績 論文
  1. 地域の自主防災の反省から見る看護大学への期待と活動可能性
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第78号 pp.29-36 2019(共著)
  2. CCRCにおける大学の役割の構築
    ー「まちの保健室」を用いた連携・協働のあり方ー
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第77号 pp.49-55 2018(共著)
  3. 高齢多死時代における「在宅ホスピス」の課題【修士論文】(単著)
  4. 在宅ホスピスにおける看護の役割に関する文献検討
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第76号 pp.1-8 2018(共著)
  5. 「まちの保健室」の活動地域拡大に向けての方策
    ~コミュニティ特性に応じた連携・協働~
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第75号 pp.35-43 2017(共著)
  6. 「まちの保健室」の連携・協働の構築
    ー認知・定着に向けてのこれまでの経緯ー
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第73号 pp.59-71 2016(共著)
  7. 看護学生の睡眠に関する実態調査
    ー1年次の初回臨地実習前と実習中の睡眠の比較を通してー
    日本看護研究学会 近畿・北陸地方会継続セミナー活動 2007(共著)
所属学会 日本看護科学学会
日本災害看護学会
日本地域福祉学会
日本ホスピス・在宅ケア研究会
日本医学看護学教育学会
日本ヘルスコミュニケーション学会
アートミーツケア学会
日本「祈りと救いとこころ」学会
主な社会活動 まちの保健室活動(健康ミニ講話、健康相談等)
在宅ホスピス推進ネットワーク
災害ボランティア活動

Facebook twitter



ページトップ