トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2020年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 准教授 中川康江

准教授 中川康江

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
鳥取看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻
職 名 准教授
氏 名 中川 康江
(なかがわ やすえ)
生 年 非公開
最終学歴 鳥取大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程
学 位 博士(保健学)
主な担当授業科目 精神看護学概論、精神看護学援助論、精神看護学実習、看護学統合研究
専門分野 精神看護学
現在の研究テーマ
  1. 障がいをもつ当事者が、家庭や社会へ復帰するための支援策
  2. 地域における認知症者の介護を行う方の心理的・社会的状況
  3. てんかんに関する知識・経験と態度との関係
主な職歴 総合病院勤務後、県立看護専門学校専任教員として勤め、2015年本学准教授に就任。現在に至る。
主な研究業績 論文
  1. 精神に障害をもつ人の地域社会への定着に向けて
    -就労支援施設職員・利用者のアンケート-
    日本精神科看護学術集会誌 61(2) pp.248-252 2020(共著)
  2. 大学と連携・協働して活動する地域の健康づくりリーダーの意識
    -健康づくりリーダーのインタビュー結果からの考察-
    日本看護学会論文集:ヘルスプロモーション 50号 pp.43-46 2020(共著)
  3. 看護系大学の学生を対象とした縦断調査から考察する心身状態の変化
    教育保健研究 21 2020(共著)
  4. 地域の健康づくりリーダー育成事業における「ラダー式研修制度」の効果と課題
    鳥取看護大学・短期大学研究紀要 80 pp.21-26 2019(共著)
  5. 認知症者を介護する家族の思い
    中国四国地区国立病院機構・国立療養所看護研究学会誌  15 pp.5-8 2020(共著) 

研究ノート
  1. 被災前の生活を取り戻す際に活用された地域における自助・共助・公助
  ~鳥取県中部地震を通して~
  鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第77号 pp.43-47 2018(単著)
 
学会発表
  1. 地域の健康づくりリーダーが大学と連携・協働することの意義
    -健康づくりリーダーのインタビュー結果からの考察-
    第50回日本看護協会ヘルスプロモーション学術集会 2019
所属学会 日本看護協会
日本精神看護協会
米子医学会
中国四国学校保健学会
日本認知行動療法学会
認定心理士学会
日本心理学会
看護学教育学会
日本看護科学学会
日本看護教育学会
国立病院看護研究学会
主な社会活動 鳥取看護大学赤十字学生奉仕団顧問
渡辺病院看護研究他講師
鳥取医療センター看護研究講師
日本看護協会鳥取県支部実習指導講師
日本精神科看護協会施設代表・鳥取県支部看護研究講師

Facebook twitter



ページトップ