トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2020年度 > 鳥取短期大学 生活学科 食物栄養専攻 > 助教 加古大也

助教 加古大也

学科・専攻 鳥取短期大学 生活学科 食物栄養専攻
職 名 助教
氏 名 加古 大也
(かこ ひろなり)
生 年 非公開
最終学歴 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科博士後期課程(食品栄養科学専攻)
学 位 博士(食品栄養科学)
主な担当授業科目 食品学総論、生化学、栄養学総論、食品学実験
専門分野 栄養化学、食品化学
現在の研究テーマ
  1. 地場産品の機能性探索
  2. 食品香気成分と脳機能
主な職歴 静岡県立大学食品栄養科学部 栄養化学研究室に研究員及び実験補助で1年間所属。その後静岡県内の高等学校において理科専門支援員を2年間勤め、2014年より本学助教に就任。現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. 機能性食品の作用と安全性 丸善出版 東京 2013(共著)
  2. 抗ストレス食品の開発と展望Ⅱ シーエムシー出版 東京 2013(共著)

論文
  1. Dopamine release from rat pheochromocytoma (PC12) cells and rat brain striata induced by a series of straight carbon chain aldehydes with variations in carbon chain length and functional groups.
    Eur. J. Pharmacol., 691, pp.86-92, 2012(共著)
  2. Effects of n-hexanal on dopamine release in the striatum of living rats.
    Eur. J. Pharmacol., 651, pp.77-82, 2011(共著)
  3. Effect of direct exposure of green odor components on the dopamine release from rat brain striatal slices and PC12 cells.
    Brain Res. Bul., 75, pp.706-12, 2008(共著)

資料
  1. 活動報告 第20回因幡の手づくりまつり
    鳥取看護大学・鳥取短期大学地域交流センター年報「地域交流」第2号
    pp.7-14 2017(共著)
  2. 伊豆半島産農産物によるでんぷん分解作用に関する研究
    鳥取短期大学紀要 第70号 pp.29-34 2014(単著)
所属学会 日本栄養・食糧学会
日本農芸化学会
日本生化学会
主な社会活動 とっとりイノベーションファシリティネットワーク運営会議 委員
鳥取県衛生環境研究所調査研究外部評価委員会 委員

Facebook twitter



ページトップ