トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2020年度 > 鳥取短期大学 幼児教育保育学科 > 准教授 菅田理一

准教授 菅田理一

学科・専攻 鳥取短期大学 幼児教育保育学科
職 名 准教授
氏 名 菅田 理一
(すげた りいち)
生 年 非公開
最終学歴 淑徳大学大学院社会学研究科博士後期課程満期退学(社会福祉学専攻)
学 位 修士(社会福祉学)
主な担当授業科目 児童家庭福祉、社会的養護Ⅰ、社会福祉、保育実習指導Ⅲ
専門分野 社会福祉学、子ども家庭福祉論、社会福祉史
現在の研究テーマ
  1. 社会的養護の草創期における里親委託制度に関する研究
  2. 宗教と社会福祉実践に関する研究
  3. 福祉サービス利用者の権利擁護
主な職歴 2011年東洋大学ライフデザイン学部助教として4年間勤務。2015年本学准教授に就任、現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. 横山医院と福田会里親委託制度 福田会育児院史研究会 川崎 2014(編著)
  2. 団地と孤独死 中央法規出版 東京 2008(分担執筆)

論文
  1. 愛知育児院創立期における貧孤児受け入れと里親委託
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第73号 pp.23-34 2016(単著)
  2. 福田会育児院の里親委託制度における里子取扱委員の役割と機能
    社会事業史研究 第47号 pp.31-47 2015(単著)
  3. 成年後見制度の社会化―被後見人の自己決定・自己選択の支援をめぐって
    ライフデザイン学研究(東洋大学ライフデザイン学部) 第9号
    pp.191-198 2014(単著)

その他
  1. 社会福祉援助実践における記録の構造とアーカイビング
    社会福祉施設における文書等のアーカイビングに関する事例研究
    淑徳大学アーカイブズ pp.31-43 2015(単著)
  2. 杉並学園(施設探訪)
    千葉・関東地域社会福祉史研究 第42号 pp.47-52 2018(単著)
所属学会 日本社会福祉学会
社会事業史学会
日本成年後見法学会
中国四国社会福祉史学会
主な社会活動 鳥取県社会福祉審議会 委員 児童福祉専門分科会会長
鳥取県福祉人材センター 運営委員
鳥取県倉吉市社会福祉協議会ボランティア活動助成委員会 委員
鳥取養育研究所 所員
鳥取県福祉研究学会 審査委員
鳥取県社会福祉士会 子ども家庭支援委員会 委員長

Facebook twitter



ページトップ