トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2020年度 > 鳥取短期大学 幼児教育保育学科 > 助教 宮ざき※百合

助教 宮ざき※百合

宮ざき※百合(※ざき=山篇に「立」+「可」)
宮ざき※百合(※ざき=山篇に「立」+「可」)
学科・専攻 鳥取短期大学 幼児教育保育学科
職 名 助教
氏 名 宮﨑 百合
(みやざき ゆり)
生 年 1970年(昭45)生
最終学歴 京都市立芸術大学大学院美術研究科(工芸専攻)
学 位 修士(美術)
主な担当授業科目 子どもの造形指導法Ⅰ、子どもの造形指導法Ⅱ、図画工作Ⅰ、保育実習指導Ⅰ
専門分野 子どもの造形教育、漆工
現在の研究テーマ
  1. 子どもの造形教育
  2. 漆工(加飾)
主な職歴 倉吉博物館勤務を経て、1999年本学助手に就任。2010年から助教、現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. 実践 保育内容シリーズ6 造形表現 一藝社 東京 2014(共著)
  2. すべての感覚を駆使してわかる乳幼児の造形表現 保育出版社 大阪 2011(共著)

論文
  1. 幼児教育保育学科学生の動物の描写について-パンダの塗り絵に見られる事例-
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第76号 pp.53-56 2018(単著)
  2. 公園での自由遊びにおける子どもの造形表現
    鳥取短期大学研究紀要 第64号 pp.9-20 2011(単著)
  3. 子どもはなぜ顔を描くのか ~顔の描画における目の意味について~
    鳥取短期大学研究紀要 第60号 pp.21-28 2009(単著)
  4. 幼児の人物表現についての考察
    ―描画発達におけるケーススタディより―(研究ノート)
    鳥取大学生涯教育総合センター研究紀要 第6号 pp.97-104 2009(単著)
所属学会 大学美術教育学会
日本美術教育学会
日本保育学会
主な社会活動

Facebook twitter



ページトップ