トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2021年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 特任教授 近田敬子

特任教授 近田敬子

近田敬子
近田敬子
学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
鳥取看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻
職 名 特任教授
氏 名 近田 敬子
(ちかた けいこ)
生 年 1938年(昭13)生
最終学歴 高知女子大学家政学部衛生看護学科
学 位 学士 (衛生看護学)
主な担当授業科目 特別研究
専門分野 看護教育学
現在の研究テーマ
  1. 地域貢献活動と「まちの保健室」
  2. 看護教育制度の変遷
  3. 発動性の発揮
主な職歴 10年間の看護実践後、1977年より京都大学医療技術短期大学部看護学科助教授に就任。1993年より兵庫県立看護大学看護学部および大学院修士課程・博士課程の教授、その後園田学園女子大学人間健康学部人間看護学科学科長を経て、2015年から鳥取看護大学学長に就任。2021年4月に名誉学長となる。いづれの大学においても大学の立上げに関わる。現在、特任教授として教育にかかわる。
主な研究業績 著書
  1. 看護教育学 看護を学ぶ自分と向き合う「看護教育制度の現状」改訂版
    南江堂書店 東京 2017年(共著)
  2. 高齢者の健康づくり・まちづくり、伝えよう1・17の教訓
    神戸新聞出版 2006(分担単著)
  3. 基礎看護学Ⅰ 「生活と看護」 金芳堂書店 東京 2004(共著)
  
論文
  1. 地域の健康づくりリーダー育成事業における「ラダー式研修制度」の効果と課題
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第80号 pp.21-26 2020(共著) 
  2. 「まちの保健室」活動の地域拡大に向けての方策 ーコミュニティ特性に応じた連携・協働ー
    鳥取看護大学・鳥取短期大学研究紀要 第75号 pp.35-43 2017(共著)
  3. 共同体の構築と看護 ーまちの保健室を支えて10年ー
    日本看護研究学会誌 第32巻1号 pp.25-27 2009(単著)

その他
  1. 震災を振り返って 鳥取中部地震における鳥取看護大学の取り組み
    平成30年中部地震記録誌 p.86 2019(単著)
所属学会 日本看護科学学会
日本看護研究学会 名誉会員
日本看護学教育学会
日本災害看護学会 代議員
主な社会活動 全国健康保険協会鳥取支部健康づくり推進協議会委員  座長

Facebook twitter



ページトップ