トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2021年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 助教 廣田颯香

助教 廣田颯香

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
職 名 助教
氏 名 廣田 颯香
(ひろた さやか)
生 年 非公開
最終学歴 鳥取看護大学大学院看護学研究科
学 位 修士(看護学)
主な担当授業科目 小児看護学援助論、小児看護学援助論演習、母性看護学援助論、母性看護学援助論演習
専門分野 母性小児領域
現在の研究テーマ
  1. スマートフォン利用が褥婦の心身に与える影響の検討
  2. 学生の観察視点に関する研究
主な職歴 2015年より松江市立病院助産師として勤務し、2019年本学助手に就任。2021年から助教となり、現在に至る。
主な研究業績 論文
  1. スマートフォン利用が褥婦の心身に与える影響の検討 
    鳥取看護大学大学院修士論文 2021(単著)

その他
  1. 多岐にわたる実習施設と地方看護大学との連携・協働の現状と課題 
    日本看護学研究学会中国・四国地方会 第34回学術集会 2021
  2. シェルハブメソッドの効果の検証 現在研究中(共同研究)
  3. 学生の観察視点に関する研究 現在研究中(共同研究)
所属学会 鳥取県母性衛生学会
赤ちゃん学会
主な社会活動 まちの保健室

Facebook twitter



ページトップ