トップページ > 地域交流・研究活動 > 教員紹介 > 教員紹介 2022年度 > 鳥取看護大学 看護学部看護学科 > 教授 世良喜子

教授 世良喜子

学科・専攻 鳥取看護大学 看護学部看護学科
職 名 教授
氏 名 世良 喜子
(せら よしこ)
生 年 非公開
最終学歴 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻看護学分野博士課程単位取得退学
学 位 修士(看護学)
主な担当授業科目 小児看護学概論、小児看護学援助論、小児看護学援助論演習
専門分野 小児看護学
現在の研究テーマ
  1. 幼児の「健康をつくる力」育成にむけたアクションの支援
  2. 子どもや保護者のヘルスリテラシー
  3. 看護学生の「サービスラーニング」実践研究
主な職歴 小児病棟での臨床経験の後、三育学院短期大学助教授、国際医療福祉大学教授・大学院教授、三育学院大学研究員を経て、2022年本学教授に就任。現在に至る。
主な研究業績 著書
  1. 手順・留意点・根拠で学ぶ実践看護技術 小児看護技術
    第1章子どもの日常生活を支援する技術・第5章心身障害のある子どもを支援する技術
    杏林図書 2008
  2. ロイの適応モデルによる看護実践ガイドー診断・介入・評価
    第3章生活修正看護<非効果的気道浄化>状態にある患児の看護
    メジカルフレンド社 1998
  3. 看護診断Q&Aナースの?に答える本
    第Ⅳ章看護診断の過程 日本総合研究所 1997(共著)
  4. 活動と休息(ナースの視点・看護実践シリーズ)
    第5章看護診断プロセスとケア 講談社 1996(共著)
  
論文
  1. Facters related to the burnout of Japnese female nurses with children under3year old
    Japan journal of nursing science 14(3) pp.240-254 2017 (共著) 
  2. 急性期病院の看護師がメンタルヘルスに不調を感じたときの状況
    日本農村医学会誌 66(1) pp.27-37 2017 (共著)
  3. 障害児の在宅ケア向上に向けた家族ケアプログラムの開発
    ​―家族中心ケアと家族長期ケアモデルに基づく統合的アプローチ―
    平成18年度在宅地域ケア研究センター報告書 pp.94-102 2007(共著)
所属学会 日本看護科学学会
日本小児看護学会
日本健康教育学会
日本乳幼児健康教育学会
日本質的心理学会
主な社会活動 看護・助産教育支援フォーラム 学術顧問

Facebook twitter



ページトップ