○鳥取看護大学・鳥取短期大学給与規程細則

第1条 給与規程第6条および第7条に定める職員の本俸は、職員の経歴・業績・勤務状態等を勘案して、理事長がこれを定める。

第2条 給与規程第8条に定める職員の本俸の昇給は、職員の業績・勤務状態等を勘案して理事長がこれを定める。

第3条 業務上の傷病により休業中の職員には、給料および諸手当は支給しない。

第4条 就業規則第34条第1項第1号による休職中の職員には、本俸の60%を支給する。

2 就業規則第34条第1項第2号・第3号および第4号の理由による休職中は給与を支給しない。

第5条 給与規程第9条第2項に定める職務手当は、次の基準により支給する。

副学長、部長(看護大学大学院看護学研究科長および看護大学事務室長含む)は管理監督者の地位にあるものとして、以下の通り手当を支給する。

副学長、学部長 月額 50,000円

部長(看護大学大学院看護学研究科長および看護大学事務室長含む) 月額 40,000円

管理監督者は、2以下の職務を兼務しても職務手当は支給しない。

2 その他の職務手当は以下の通り支給する。

(1) 副部長・次長 月額 30,000円

(2) 課長 月額 20,000円

(3) 係長 月額 5,000円

(4) 主任 月額 3,000円

(5) 学科長 月額 20,000円

(6) 委員長(学生相談室長含む) 月額 10,000円

(7) 研究所長 月額 10,000円

(8) 図書館長 月額 20,000円

(9) センター長 月額 20,000円

(10) 寮長 月額 10,000円

(11) 学友会顧問 月額 6,000円

(12) 自己点検評価運営委員会の内各部会長 月額 6,000円

(13) プロジェクト室の室長等 月額 6,000円

2 職員が職務を兼ねる場合は、当該職員の該当する最も高い職務手当を適用する。この場合、職務手当を重複して支給することはできない。

ただし、職員(管理監督者を除く)が現在の職務に関連する職務を兼ねるのではなく、異分野の職務を兼ねると学長が判断した場合は、職務手当を重複して支給する。

第6条 給与規程第10条第1項第1号に定める通勤手当は、次の基準により支給する。ただし、徒歩による通勤距離が片道2キロメートル未満であるときはこれを支給しない。

公共交通機関利用者

1 原則、30,000円を限度として1ヶ月定期券の全額を支給する

2 ただし、1ヶ月定期券が30,000円を超える場合は30,000円を超える額の2分の1を加算し、加算後の支給限度額は35,000円とする

マイカー利用者

1 通勤距離数に応じたガソリン代を下記の計算式により支給する

片道通勤距離数(キロ未満四捨五入)×2(往復)×ガソリン単価÷15km(1リットル当たり燃費)×20日(1ヶ月間)

2 ガソリン単価は過去6ヶ月間(前期・後期)の県内平均単価に基づき翌期(6ケ月間)の単価を決定する

3 支給限度額は30,000円とする

2 通勤不可能な遠隔地より来学し勤務する職員の通勤手当については別に定める。

第7条 給与規程第10条第1項第2号に定める超過勤務手当は、業務上の必要により時間外勤務または日曜日(法定)ならびに日曜日以外の休日に勤務または深夜勤務をした職員に、次の基準により支給する。

(1) 早出・残業・日曜日以外の休日勤務手当

支給額=基準給与÷162×1.25×勤務時間数

(2) 日曜日(法定)休日勤務手当

支給額=基準給与÷162×1.35×勤務時間数

(3) 深夜勤務手当

支給額=基準給与÷162×0.25×勤務時間数

ただし、基準給与とは、本俸・技術手当の1ヶ月分の合計とする。

第8条 給与規程第10条第1項第3号に定める住居手当は、次の基準により支給する。

(1) 業務上の必要により自ら居住するため住宅を借用し、家賃を支払っている職員

月額 10,000円

(2) 業務上の必要により自ら所有する住宅に居住し、かつ、世帯主である職員

月額 2,000円

第9条 給与規程第10条第1項第4号に定める業務手当は次の基準により支給する。ただし、(2)については鳥取看護大学・鳥取短期大学旅費規程第11条に定める日当は支給しない。

(1) 入試問題作成(含む採点) 大学院、学部・学科本科1回につき 30,000円

テーマ提示型(含む専攻科)1回につき 5,000円

入試問題チェックのみ1回につき 5,000円

(2) まちの保健室業務 まちの保健室1回につき

中部地区で実施する場合 1,250円

東部・西部地区で実施する場合 2,500円

附 則

この細則は、平成6年4月1日から施行する。

この細則は、平成7年10月1日から施行する。

この細則は、平成9年4月1日から施行する。

この細則は、平成10年1月1日から施行する。

この細則は、平成11年4月1日から施行する。

この細則は、平成16年4月1日から施行する。

この細則は、平成16年9月1日から施行する。

この細則は、平成17年6月1日から施行する。

この細則は、平成19年4月1日から施行する。

この細則は、平成22年4月1日から施行する。

この細則は、平成22年7月1日から施行する。

この細則は、平成23年4月1日から施行する。

この細則は、平成24年4月1日から施行する。

この細則は、平成25年4月1日から施行する。

この細則は、平成25年4月17日から施行する。

この細則は、平成27年11月1日から施行する。

この細則は、平成28年4月1日から施行する。

この細則は、平成31年4月1日から施行する。

鳥取看護大学・鳥取短期大学給与規程細則

平成6年4月1日 種別なし

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第7編 給与・退職金に関する規程/3 共通規程
沿革情報
平成6年4月1日 種別なし
平成28年4月1日 種別なし
平成31年4月1日 種別なし