トップページ > 本科・専攻科 > 本科(2年制)

本科(2年制)

国際文化交流学科
ワンランク上のコミュニケーション力を
日本や世界の言語・文化について学びを深め、コミュニケーション力を養います。
生活学科 情報・経営専攻
ビジネス社会で活躍できる能力を磨く
コンピュータとビジネスのエキスパートを育成します。
生活学科 住居・デザイン専攻
感性豊かなクリエイション力を磨く
真のプロフェッショナルになるために、“モノ”を形づくる感性を磨きます。
生活学科 食物栄養専攻
「食」を通して人々の健康を支えたい
「食の専門家」として地域社会に貢献する栄養士をめざします。
子どもや保護者、地域に暮らすあらゆる人の発達や生活の支援が使命!
子どもの育ちを支えたい
教育と福祉の現場で、笑顔と真心で貢献できる専門職(スペシャリスト)を育成します。
  • 現代社会で必要なのは心をつなぐコミュニケーションそして、ホスピタリティ

    ほんもののコミュニケーション力を身につけ
    社会で活躍できる自分づくりを!

    授業風景画像

    今やさまざまな文化を持つ人びとがともに暮らす時代です。このような社会で必要な「異文化や他者を理解する姿勢」「自分の考えや文化を伝える自己発信力」の育成をめざします。「文化」を学んで知識を深め、「言語」のスキルを身につけ、人との出会いを楽しみながら「交流力」を養って、総合的にコミュニケーション力を高めます。


    学科の特徴

    深く、広く、考える力を身につける

    深く、広く、考える力を身につける

    言語、文化、交流をトータルに学び、多文化共生のための広い視野をもち、深く考えぬく実践的な「教養」を身につけます。

    自分の考えを効果的に表現する

    自分の考えを効果的に表現する

    自文化・異文化を学び、着実な言語力を身につけ、さまざまな場面で自分の考えを効果的に表現する力を伸ばします。

    他者を理解し、他者と協力しあう

    他者を理解し、他者と協力しあう

    たくさんのグループ活動を通して、異なる価値観をもつ他者の意見を受け入れる態度や皆と協力して実行する姿勢を養います。

    在学生メッセージ

    在校生写真

    あらゆる人をサポートできる司書をめざして

    私はコミュニケーション力や語学力を高めたいと思い入学しました。この学科では、スピーチやディスカッションなど自分の考えを伝える機会が多いので、人前でも堂々と話せるようになりました。また、実際にネイティヴの先生に教わる授業があり、初めて学んだ中国語も聞き取りができるようになりました。私は図書館司書をめざしていますが、図書館の歴史や本の仕組みなど知らなかったことを学べるのでとても面白いです。将来は学んだことを活かして、学校の生徒や先生、地域の人や異文化圏の人にも頼られる司書になりたいです。入学した当初は不安でしたが、新しい友達もたくさんでき、授業も楽しいので、日々充実した短大生活を送っています。

    my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
    1 限
    09:00~10:30
    リスニング演習 基礎英会話 情報処理演習 交流とホスピタリティ
    2 限
    10:45~12:15
    プレゼンテーション基礎 実践スポーツ 中国語 I 異文化コミュニケ―ション 宗教と文化
    3 限
    13:00~14:30
    キャリアデザイン入門 日本語表現法 キャリアデザイン  
    4 限
    14:45~16:15
    現代鳥取学 日本国憲法
    山陰地域フィールド体験学習
    基礎英語演習
    5 限
    16:30~18:00
    図書館概論 ★地域社会体験 就職対策講座 図書館情報資源概論
    ★印の科目は集中講義

    先生からのメッセージ

    学科長 教授 岡野幸夫

    自分を成長させる学び

    学科長 教授 岡野幸夫

    この学科で育成する「コミュニケーション力」とは、どんな能力でしょうか? それは、人との「交流」を理論と実践の両面から学び、日本語や英語など「言語」を使いこなす力を高め、日本や外国の「文化」を通して自らの内面を豊かにし、深く考える力を身につけることです。この「交流」「言語」「文化」の3つの分野を相互に関連付けながら学ぶことで、みなさんのコミュニケーション力は確実に向上します。
    こうした学びにとって大切なことは、「自分を開く」ということです。つまり、学ぶことによって現在の自分が変わっていく、ということを意識することです。今の自分の見方、考え方、感じ方がすべてではなく、外部に向かって自分をオープンにすることでさまざまなことが吸収でき、それが成長につながります。 そうすることで、変化の激しい現代社会で生きていくのに必要な、「想定外のことに対処する能力」も身につきます。この学科で私たちといっしょに学び、実社会を生き抜く力を伸ばしましょう。

    国際文化交流学科のメニュー一覧

  • 実践的スキルを身につけた、地域社会で役立つ人に!

    社会人的基礎力をベースに情報スキルとビジネス実務能力を兼ね備えた人材に

    授業風景画像

    ビジネスの現場で求められるのは、ネットワーク上でデータやアプリケーションを共有して仕事を行うクラウドコンピューティングなどの実践的技能です。また、世の中の動きをつかむビジネス知識や、チームで課題を解決できる力も不可欠です。さあ、あなたも情報活用能力やビジネス実務能力を身につけて、地域社会や現場で活躍しましょう!


    学科の特徴

    社会人基礎力を身につける

    社会人基礎力を身につける

    社会人として必要とされる「主体的に動く力」や「チームワーク」をグループによる課題解決学習を通して身につけます。

    ビジネスコンピューティング スキルを磨く

    ビジネスコンピューティング
    スキルを磨く

    PCを「使える」ということよりも、「使って何ができるか」というビジネスコンピューティングスキルを磨くことができます。

    専門性と実践力を 少人数教育で高める

    専門性と実践力を
    少人数教育で高める

    実用的な資格の取得を各授業でサポートします。また、ゼミ形式の特別研究でより専門的な学びを深めます。

    在学生メッセージ

    在校生写真

    ビジネス社会で活躍したい!

    1年生 森川 美穂さん

    私は高校時代から簿記や情報処理などの商業科目を学んでいましたが、情報とビジネスをより深く学びたいと思い入学しました。
    情報・経営専攻は、グループワークやビジネスマナーなど、社会で求められる社会人基礎力を身につけることができる授業が充実しており、自分自身が成長できていると実感しています。
    また、高校時代に取得した資格が単位認定される制度があり、私は空き時間を利用して、授業の復習や、資格取得のための勉強をしています。
    将来、ビジネス社会で活躍できる人材になれるよう頑張っていきたいです。

    my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
    1 限
    09:00~10:30
    経営学 簿記 I
    (単位認定済)
    2 限
    10:45~12:15
    生活と法律 ウェブデザインB 簿記 I
    (単位認定済)
    3 限
    13:00~14:30
    基礎数学 基礎演習B ビジネス実務演習B ビジネス実務概論 キャリアデザイン
    4 限
    14:45~16:15
    健康科学 資格簿記B
    (単位認定済)
    プロジェクト演習(情報)
    5 限
    16:30~8:00

    先生からのメッセージ

    学科長 教授 岩井和由

    ビジネス社会への基礎力を

    学科長 教授 岩井 和由

    私たちの専攻は、情報と経営を大きな柱として学び、ビジネスの世界において活躍できる人材を育成しています。現在のビジネス社会において活躍していくには情報の知識や技術とともに経営の知識も不可欠です。この双方の必要不可欠な知識と技術を基礎から応用まで無駄なく順序立てて学ぶことが可能です。またこれらの知識の証(あかし)となる各種資格の取得のためのサポート体制も確立しています。そして何よりもどのようにしたら学生が成長していくことができるか、すべての教員が前向きに取り組んでいます。私たちの専攻での2年間の学びは学生を大きく成長させることでしょう。私たちと充実した2年間を過ごすみなさんを心から歓迎いたします。

    生活学科 情報・経営専攻のメニュー一覧

  • 豊かな発想力をもとに建築、インテリア、デザイン、アートの世界を知る

    デザインはすべての職種において必要不可欠
    豊かな感性を活かせる魅力的な分野です。

    授業風景画像

    住居やインテリア、電化製品などの日用品や雑貨、ファッジョン、アート作品など、私たちはさまざまな「デザインJに固まれて生活しています。
    また多くの企業で、年々デザインの重要性が認識されてきています。
    本専攻は、住居とデザインの分野に関する幅広い学習を通し、豊かな感性を活かした多彩な企画力を養い、これを表現するための確かな技術を身につけます。
    そして将来、幅広いジャンルの職種に対応し、活躍できる人材を育成します。


    学科の特徴

    個々の目的に合わせた学習内容

    個々の目的に合わせた学習内容

    建築とインテリア、デザインやアートの各分野にわたる科目を自主的に組み合わせて選択することができます。

    建築士実現への最短距離です

    建築士実現への最短距離です

    充実したカリキュラムと受験指導により、卒業後すぐに二級建築士資格の試験を受験できます。

    CGによるデザイン力を究める

    CGによるデザイン力を究める

    コンピュータを用いたグラフィックデザインの授業が多く、多彩で完成度の高いデザイン作品を制作することができます。

    在学生メッセージ

    在校生写真

    可能性への第一歩

    建築士だった祖父の影響で建築に興味を持ち、住居・デザイン専攻に進学することを決めました。高校とは違い専門的なことを勉強するので戸惑うこともありますが、新しく発見する事やできることが増えていくことに楽しさを感じています。将来の目標のためにも2年間という期間を自分自身を成長させるために十分に充実させたいと思います。

    my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
    1 限
    09:00~10:30
    建築構造論
    2 限
    10:45~12:15
    構造力学II 中国語Ⅱ カラー
    コディネーション
    3 限
    13:00~14:30
    建築CAD I デザイン史 建築設計製図
    4 限
    14:45~16:15
    健康科学 ヒトの科学 パース
    演習
    5 限
    16:30~18:00

    先生からのメッセージ

    学科長 教授 大江 節子画像

    より良い生活環境をめざす

    学科長 教授 倉恒 俊一

    私たちの暮らしのなかで住宅をはじめ生活に必要な日用品、道具などはすべてデザインされています。普段これらを何気なく使用していますが、「住環境」の不備があると人の心や身体に悪い影響をおよぼし、「町の景観」が悪いと社会環境の悪化を招くことになります。よって、建築計画、インテリア、アートの充実は欠かせません。
    また、日用品、道具は完成されるまでにはたくさんの人による多くの作業工程を経て、検査に合格した品物が私たちの手元に届いています。 本専攻では、これらをふまえて地域にあった良い生活環境を提案するための基本的知識の学習を行っています。

    生活学科 住居・デザイン専攻のメニュー一覧

  • 「食」を通して、地域の人びとの健康と笑顔を支えられる「人財」に

    地域に密着した栄養士養成校で、知識と技能を兼ね備えた「食」の専門家をめざす

    授業風景画像

    生きるために「食」は必要不可欠なものです。 一方で、ライフスタイルの多様化により、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病が問題となっており、その原因として不適切な食生活や生活習慣が挙げられています。地域の人びとの健康と笑顔を支えるため、“とりたん”で「食」に関する専門知識と技能を身につけましょう。


    学科の特徴

    食の専門家として活躍するために必要な知識と技能を

    食の専門家として活躍するために必要な知識と技能を

    栄養学や食品学、衛生学などの基礎から、調理の仕方、対象者に合わせた献立作成法など、現場で必要となる専門的な内容まで幅広く学びます。

    食の専門家として“プラスアルファ”を身につける!

    食の専門家として
    “プラスアルファ”を
    身につける!

    栄養士免許をベースとして、さらにいくつかの科目を履修することで、“プラスアルファ”の知識・資格を持った食の専門家をめざすことができます。

    地域社会も学びのフィールドに

    地域社会も学びのフィールドに

    さまざまな地域イベントに参加したり、地域のプロのシェフや栄養士から指導を受けたりと、学内外のさまざまな学びを得ることができます。

    在学生メッセージ

    在校生写真

    “食べることの大切さ”を知ってもらえる栄養士をめざして

    昔から食べることが好きで、食の立場から人の健康を守る栄養士という仕事に興味を持つようになりました。入学してから食に対する興味がさらに強くなり、栄養士に必要な食品や栄養の知識は普段の生活の中でも役に立つため、楽しく毎日の講義を受けています。さらに調理実習では、調理方法や盛り付け方だけでなく、料理と食器の組み合わせなども学べるため、見た目にも気を遣うようになりました。同じ栄養士をめざす仲間と協力し合いながら学べる環境で、充実した学生生活を送っています。 また、食に関連したボランティア活動に参加することでさまざまな経験を得ることができます。私は栄養士の資格だけでなくフードスペシャリストの資格取得もめざし、幅広い知識を身につけたいと思っています。そして、食べてくださる方のことを考えた、美味しくて、毎日楽しみにしてもらえるような食事を提供できる栄養士をめざしています。

    my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
    1 限
    09:00~10:30
    食品加工学

    【A週】
    給食管理実習Ⅰ
    【B週】
    ライフステージ
    栄養学実習

    給食管理 栄養情報
    処理演習
    調理学実習Ⅰ
    2 限
    10:45~12:15
    健康科学 英語B 栄養指導論
    実習
    3 限
    13:00~14:30
    解剖生理学
    実験
    社会福祉概論 臨床栄養学
    概論
    4 限
    14:45~16:15
    生化学 栄養学総論
    5 限
    16:30~18:00

    先生からのメッセージ

    学科長 教授 亀崎 幸子

    今、求められる!食と健康づくりに貢献する栄養士

    学科長 教授 松島 文子

    人々の健康志向が高まり、食をとり巻く環境が大きく変化する中、栄養士に求められるニーズも多様化しています。この専攻では、将来、病院や学校、福祉施設などの給食を提供する施設で、年齢や健康状態など一人ひとりに合った栄養バランスを考えながら、科学的に食生活をサポートできる栄養士の育成をめざしています。
    栄養士のほかにも、学校給食を通して健康づくりのための食育指導を行う栄養教諭、フードコーディネートや新しい食品の開発に関わるフードスペシャリスト、医療秘書実務士など専門知識をより多くの分野に活かせるよう幅広い資格取得の支援を行っています。実験・実習といった体験型科目を多く取り入れ、確かな実践力を養い、グループワークの学びを通して社会で求められる 協調性や豊かな感性、コミュニケーション能力を育むことができるのも本専攻の特徴のひとつです。あなたも食と人々の健康づくりに貢献する栄養士をめざしませんか。

    生活学科 食物栄養専攻のメニュー一覧

  • 子どもや保護者、地域に暮らすあらゆる人の 発達や生活の支援が使命!

    子どもたちの育ちを支え、人と地域社会に貢献する「保育者」をめざします

    授業風景画像

    幼稚園・保育所そしてこども園は、地域の子育て支援の中心です。そこで活躍する保育者には、子どもの発達を保障するため、教育・保育の理論にもとづく確かな実践を生み出すことが求められます。
    また、保護者の思いや悩みに寄り添って、地域の人たちから信頼される専門職の役割を果たさなければなりません。そのために、思いやりとやさしさ、人を大切にする心を育みながら、広く豊かな視野と確かな専門性を身につけます。


    学科の特徴

    活躍するために必要な知識と技術を!

    幅広い教養と専門知識を学ぶ

    人間性を豊かにはぐくみながら、保育・教育・福祉・保健・心理・表現・運動などの専門知識や技能を学びます。

    食の専門家として“プラスアルファ”を身につける!

    保育現場で必要な実践力・応用力

    附属こども園や地域の保育現場を活用して、卒業後すぐに活躍するための実践的能力を身につけます。

    地域社会も学びのフィールドに!

    得意を伸ばし、そして活かします

    専門性を高めつつ、個人の得意分野を引き出すことを目指し、少人数指導、グループワークの機会を積極的に取り入れます。

    在学生メッセージ

    在校生写真

    保育者を目指す素敵な環境がそこにある

    ”とりたん”は最高の環境があります。まずは仲間、先生の存在。毎日楽しく、そして安心して学べるのは間違いなく、同じ夢をもつ仲間、それを応援してくれる先生がいるから。そして直接体験を通じた学びの場としての附属こども園が同じ構内にあること。保育者をめざすために時に楽しく時に厳しい学びに向かう私たちにとって、附属こども園から聞こえてくる明るく元気な姿や声は、モチベーションを高め、今日も頑張ろう!という気持ちにしてくれます。このような環境で、保育者に必要な学びを得て、子どもからも保護者からも、そして仲間からも信頼される保育者をめざします。

    my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
    1 限
    09:00~10:30
    保育実習指導Ⅰ 児童家庭福祉 保育・教職実践演習(幼稚園) 子どもの造形指導法Ⅱ
    2 限
    10:45~12:15
    特別ニーズ保育・教育Ⅱ 芸術
    3 限
    13:00~14:30
    保育相談支援 子どもの食と栄養 子どもの保健Ⅱ 保育者論 音楽4
    4 限
    14:45~16:15
    実践スポーツ 教育心理学 レクリエーション指導演習2 特別研究Ⅱ
    5 限
    16:30~18:00
    教育実習指導 保育実習指導Ⅱ

    先生からのメッセージ

    学科長 教授 羽根田真弓

    地域をリードする保育者になりませんか

    学科長 教授 羽根田 真弓

    本学科は、山陰で最大規模の保育者養成校として、子どもの育ちを支え、人と地域に貢献する保育者を養成します。今日、子育て支援は地域が担っています。そして保育園・幼稚園および認定こども園は、地域の子育て支援の中心です。そこであなたも保育現場で、子どもたちの育ちを支えてみませんか。地域の方と連携してみませんか。保育者は、教育と福祉の専門職です。本学科で幼稚園教諭二種免許状、保育士資格を取得し、これからの地域を担う保育者をめざしてください。そして、地域の子育て支援に参加してください。子どもたちと手をつなぎ、保護者の方に寄り添って地域をリードしてください。保育者になるための一歩を“とりたん”でふみだしましょう。あなたの活躍を期待します。保育者としての大きな喜びとやりがいがあることでしょう。

    幼児教育保育学科のメニュー一覧


Facebook twitter



fixedImage
ページトップ