トップページ > 大学概要 > 理念・ごあいさつ

理念・ごあいさつ

とりたんの「理念」

“とりたん”は「地域の発展に貢献する人材を育成する」という 建学の精神にもとづいて、3つの基本理念を大切にしています。 心をこめて学生を育み、そして進路の支援をします。 あなた自身の夢を、人生のテーマを実現する第一歩を“とりたん”で踏み出しませんか。

夢を実現する

夢を育み実現する力、専門知識・技能、そして人を思いやる豊かな感性・心を培う。社会における活動・仕事あるいはさらなる学びという形で、夢を着実に現実に近づける。

一人ひとりの学生の顔が見える

忘れられた学生は一人としていない、アットホームな大学。夢を実現するのは大学に関わるすべての人々。全学生、全教職員がキャンパスライフの主人公。

地域とともに歩む

人は、人との関わりや自然の中で成長する。地域の人々、卒業生との交流、また自然との関わりを大切にする。キャンパスは鳥取県、山陰全域。そんな開かれた大学。

理事長あいさつ

学校法人藤田学院 理事長 山田 修平

学びの風土

学校法人藤田学院 理事長 山田 修平

鳥取県中部の丘陵地帯に広がるキャンパス。充実した施設・設備。なにより学生一人ひとりを心を込めて育む教職員。同一敷地内の鳥取看護大学、また今春、開設された大学院の学生たち、附属の認定こども園の園児たち、伝統工芸倉吉絣を学ぶ社会人学生との日常的な交流。笑顔で交わされる挨拶。キャンパスは温かさと活気に満ちている。こうした風土の中で、とりたん生は夢を育み、夢を実現すべく学び、力をつけ、地域社会へ飛び立っていく。
大学の選択は人生の一大事。大学での学びがその先の方向を決める。学びの風土をしっかり確かめたい。

学長あいさつ

鳥取短期大学 学長 松本 典子

「地域」とともに半世紀 育まれた教育環境

鳥取短期大学 学長 松本 典子

2020年鳥取短期大学は開学50年目を迎えます。最新の教育設備と緑豊かに整備された美しい
キャンパス、そして地域の企業や専門機関との着実な連携により、充実した教育環境を創り出してきました。巣立った卒業生は13,000名近くに及び、その多くが山陰両県を中心とするあらゆる分野で活躍し、後輩にエールを送ってくれています。このなかで“とりたん”の学生たちは、それぞれの目標に向かって思いっきり学び、体験し、挑戦してチカラを伸ばしていきます。
50年をかけて育まれてきた”とりたん”の学び舎で、あなたも力強く未来の自分を創り出していきませんか。

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ