トップページ > 本科・専攻科 > 本科(2年制) > 国際文化交流学科

国際文化交流学科

現代社会で必要なのは心をつなぐコミュニケーションそして、ホスピタリティ

ほんもののコミュニケーション力を身につけ
社会で活躍できる自分づくりを!

授業風景画像

今やさまざまな文化を持つ人びとがともに暮らす時代です。このような社会で必要な「異文化や他者を理解する姿勢」「自分の考えや文化を伝える自己発信力」の育成をめざします。「文化」を学んで知識を深め、「言語」のスキルを身につけ、人との出会いを楽しみながら「交流力」を養って、総合的にコミュニケーション力を高めます。


学科の特徴

深く、広く、考える力を身につける

深く、広く、考える力を身につける

言語、文化、交流をトータルに学び、多文化共生のための広い視野をもち、深く考えぬく実践的な「教養」を身につけます。

自分の考えを効果的に表現する

自分の考えを効果的に表現する

自文化・異文化を学び、着実な言語力を身につけ、さまざまな場面で自分の考えを効果的に表現する力を伸ばします。

他者を理解し、他者と協力しあう

他者を理解し、他者と協力しあう

たくさんのグループ活動を通して、異なる価値観をもつ他者の意見を受け入れる態度や皆と協力して実行する姿勢を養います。

在学生メッセージ

在校生写真

あらゆる人をサポートできる司書をめざして

私はコミュニケーション力や語学力を高めたいと思い入学しました。この学科では、スピーチやディスカッションなど自分の考えを伝える機会が多いので、人前でも堂々と話せるようになりました。また、実際にネイティヴの先生に教わる授業があり、初めて学んだ中国語も聞き取りができるようになりました。私は図書館司書をめざしていますが、図書館の歴史や本の仕組みなど知らなかったことを学べるのでとても面白いです。将来は学んだことを活かして、学校の生徒や先生、地域の人や異文化圏の人にも頼られる司書になりたいです。入学した当初は不安でしたが、新しい友達もたくさんでき、授業も楽しいので、日々充実した短大生活を送っています。

my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
1 限
09:00~10:30
リスニング演習 基礎英会話 情報処理演習 交流とホスピタリティ
2 限
10:45~12:15
プレゼンテーション基礎 実践スポーツ 中国語 I 異文化コミュニケ―ション 宗教と文化
3 限
13:00~14:30
キャリアデザイン入門 日本語表現法 キャリアデザイン  
4 限
14:45~16:15
現代鳥取学 日本国憲法
山陰地域フィールド体験学習
基礎英語演習
5 限
16:30~18:00
図書館概論 ★地域社会体験 就職対策講座 図書館情報資源概論
★印の科目は集中講義

先生からのメッセージ

学科長 教授 岡野幸夫

自分を成長させる学び

学科長 教授 岡野幸夫

この学科で育成する「コミュニケーション力」とは、どんな能力でしょうか? それは、人との「交流」を理論と実践の両面から学び、日本語や英語など「言語」を使いこなす力を高め、日本や外国の「文化」を通して自らの内面を豊かにし、深く考える力を身につけることです。この「交流」「言語」「文化」の3つの分野を相互に関連付けながら学ぶことで、みなさんのコミュニケーション力は確実に向上します。
こうした学びにとって大切なことは、「自分を開く」ということです。つまり、学ぶことによって現在の自分が変わっていく、ということを意識することです。今の自分の見方、考え方、感じ方がすべてではなく、外部に向かって自分をオープンにすることでさまざまなことが吸収でき、それが成長につながります。 そうすることで、変化の激しい現代社会で生きていくのに必要な、「想定外のことに対処する能力」も身につきます。この学科で私たちといっしょに学び、実社会を生き抜く力を伸ばしましょう。

国際文化交流学科のメニュー一覧


Facebook twitter


fixedImage
ページトップ