幼児教育専攻

    多様な保育ニーズに対応する実践者へ

    就学前の教育・保育の高度化・専門化・多様化に対応できる知識と技術の獲得と、これらの能力を活かした実践力・応用力の涵養を図り、地域の子ども・子育て支援に貢献できる人材の育成を目指します。
    幼児教育に関する基礎的な学びや経験をもとに、講義や演習、調査研究等を通して、学際的に知見を広げます。また、就学前の教育現場である本学附属こども園等での継続的かつ長期的な実践教育の蓄積、さらには家庭的保育や病児保育、自然保育、放課後児童クラブなど多様化・専門化をたどる子育て支援の事例も対象に組み入れた、より広く、より深い学びの機会を提供します。

    [ 1年制 入学定員20名 ]

    開講科目

    幼児教育論/幼児教育政策論/特別ニーズ教育論/福祉と養護/子育てと医療/幼児食育論/野外教育論/幼児教育演習A・B・C/修了研究


    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ