鳥取短期大学

トップページ > 本科・専攻科 > 本科(2年制) > 幼児教育保育学科 > お知らせ > 幼児教育保育学科 特別研究発表会を開催しました

幼児教育保育学科 特別研究発表会を開催しました

幼児教育保育学科 特別研究発表会を開催しました
    令和2年1月24日(金)、本学シグナスホール大講義室を会場に、「令和元年度 幼児教育保育学科 特別研究発表会」を開催しました。

    本学科2年生の科目「特別研究」は、少人数のゼミナール形式で開講し、研究室単位でテーマを設定して、一年間かけてさまざまな活動をとおして研究を重ねています。本発表会は、その成果を一般公開の形で広く地域の方々にも還元するべく、毎年開催しています。

    今回は8研究室の発表に、専攻科幼児教育専攻の修了研究の発表も加えて9題の報告が行われ、学内外から参加した約250名がその様子に耳を傾けました。

    各研究室とも保育現場や地域に出かけて、アンケート調査、文献調査、フィールドワーク、作品製作や各種公演活動などを行い、自分たちが立論した仮説を実証する形で研究成果を発表しました。また、会場からはフロアの参加者から質疑やコメントがその都度寄せられ、それぞれの発表や活動内容を深掘りする様子が見られました。

    発表会を終えた履修生たちは、達成感に満ちて晴々とした表情でした。また、フロアで聞いていた1年生にとっても、次年度の自身の履修の参考として、先輩たちの姿が刺激になったものと思われます。

    ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。
    【写真】特別研究発表会当日の様子
    【写真】特別研究発表会当日の様子
    【写真】特別研究発表会当日の様子
    特別研究発表会当日の様子
    特別研究発表会当日の様子

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ