トップページ > 本科・専攻科 > 本科(2年制) > 生活学科 食物栄養専攻

生活学科 食物栄養専攻

「食」を通して、地域の人びとの健康と笑顔を支えられる「人財」に

地域に密着した栄養士養成校で、知識と技能を兼ね備えた「食」の専門家をめざす

授業風景画像

生きるために「食」は必要不可欠なものです。 一方で、ライフスタイルの多様化により、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病が問題となっており、その原因として不適切な食生活や生活習慣が挙げられています。地域の人びとの健康と笑顔を支えるため、“とりたん”で「食」に関する専門知識と技能を身につけましょう。


学科の特徴

食の専門家として活躍するために必要な知識と技能を

食の専門家として活躍するために必要な知識と技能を

栄養学や食品学、衛生学などの基礎から、調理の仕方、対象者に合わせた献立作成法など、現場で必要となる専門的な内容まで幅広く学びます。

食の専門家として“プラスアルファ”を身につける!

食の専門家として
“プラスアルファ”を
身につける!

栄養士免許をベースとして、さらにいくつかの科目を履修することで、“プラスアルファ”の知識・資格を持った食の専門家をめざすことができます。

地域社会も学びのフィールドに

地域社会も学びのフィールドに

さまざまな地域イベントに参加したり、地域のプロのシェフや栄養士から指導を受けたりと、学内外のさまざまな学びを得ることができます。

在学生メッセージ

在校生写真

“食べることの大切さ”を知ってもらえる栄養士をめざして

昔から食べることが好きで、食の立場から人の健康を守る栄養士という仕事に興味を持つようになりました。入学してから食に対する興味がさらに強くなり、栄養士に必要な食品や栄養の知識は普段の生活の中でも役に立つため、楽しく毎日の講義を受けています。さらに調理実習では、調理方法や盛り付け方だけでなく、料理と食器の組み合わせなども学べるため、見た目にも気を遣うようになりました。同じ栄養士をめざす仲間と協力し合いながら学べる環境で、充実した学生生活を送っています。 また、食に関連したボランティア活動に参加することでさまざまな経験を得ることができます。私は栄養士の資格だけでなくフードスペシャリストの資格取得もめざし、幅広い知識を身につけたいと思っています。そして、食べてくださる方のことを考えた、美味しくて、毎日楽しみにしてもらえるような食事を提供できる栄養士をめざしています。

my weekly schedule MON TUE WED THU FRI
1 限
09:00~10:30
食品加工学

【A週】
給食管理実習Ⅰ
【B週】
ライフステージ
栄養学実習

給食管理 栄養情報
処理演習
調理学実習Ⅰ
2 限
10:45~12:15
健康科学 英語B 栄養指導論
実習
3 限
13:00~14:30
解剖生理学
実験
社会福祉概論 臨床栄養学
概論
4 限
14:45~16:15
生化学 栄養学総論
5 限
16:30~18:00

先生からのメッセージ

学科長 教授 亀崎 幸子

今、求められる!食と健康づくりに貢献する栄養士

学科長 教授 松島 文子

人々の健康志向が高まり、食をとり巻く環境が大きく変化する中、栄養士に求められるニーズも多様化しています。この専攻では、将来、病院や学校、福祉施設などの給食を提供する施設で、年齢や健康状態など一人ひとりに合った栄養バランスを考えながら、科学的に食生活をサポートできる栄養士の育成をめざしています。
栄養士のほかにも、学校給食を通して健康づくりのための食育指導を行う栄養教諭、フードコーディネートや新しい食品の開発に関わるフードスペシャリスト、医療秘書実務士など専門知識をより多くの分野に活かせるよう幅広い資格取得の支援を行っています。実験・実習といった体験型科目を多く取り入れ、確かな実践力を養い、グループワークの学びを通して社会で求められる 協調性や豊かな感性、コミュニケーション能力を育むことができるのも本専攻の特徴のひとつです。あなたも食と人々の健康づくりに貢献する栄養士をめざしませんか。

生活学科 食物栄養専攻のメニュー一覧


Facebook twitter



fixedImage
ページトップ